カテゴリー
Cairns ワーホリ生活

~ワーホリへ行こう~どこの国へ?

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
だいぶ涼しくなりました。昼はまだ温かいですが、夜は肌寒くどのような格好をすれば良いのか悩むこの頃です。

今日の記事はタイトルの通り”ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)”についてです!

以前の記事で少しワーホリには触れていましたが今日はより詳しく書かせていただきます。


そもそも、ワーホリってなに?

ワーキングホリデーとは、1980年から開始されて海外旅行とは違い長期滞在の許されるビザです。18歳から30歳の日本国民なら日本とワーキングホリデー協定を結んだ外国に1~2年の滞在許可が下り、その間に就学、旅行、就労と生活することが許されているとても貴重な制度です。2019年時点でワーホリ協定国は22 カ国もあるそうです。

なぜ行きたい?(私の場合)

・英語の勉強が好き→もっと英語を勉強したい
・英語の勉強を継続している→自分の実力を外国でためしてみたい
・将来違う仕事にも就いてみたい(外国で何かヒントを得たい)
・外国の友達がほしい
・今の環境を変えたい
・純粋に外国に住んでみたい

↑このような曖昧な理由でした。
あとは年齢ですね。ワーホリに行きたいと思ったときは28歳だったのでなぜか”今しかないと!”思ってしましました。笑
”ワーホリ”という名前自体は学生時代から知っていましたが、費用もすごくかかって気軽にいけるものではなく自分には無縁だと思っていました。
しかし、詳しく調べてみると、、、
「あれ?意外と行けるかも!数か月後には行けるのでは?」
きちんと準備をすれば行けそうであることが判明しました!!
となったら急いで準備だっ!!!!

どこの国に行く?

自分なりの条件は、

・英語圏が良い
・何かあったときにその日中に日本に帰れる場所が良い
・治安が良い国が良い
・ビザがすぐに下りる国が良い
・行ったことのない国が良い

その結果、
イギリス→人気のため抽選、行けない可能性がある。日本から遠い。 ×
シンガポール→年齢が25歳まで。行ったこともある。 ×
カナダ→イギリスと同様抽選。日本から遠い。 ×
ニュージーランド→地震が多くて少し怖い。ビザ申請時に肺のレントゲン画像の提出が必要。 ×
オーストラリア→人生で一度は行ってみたい。ビザがとりやすい。 

ということで、行先は・・・
”オーストラリア”に決定しましたー!!!!

次はビザ申請へ。

To be continued… 

 

 

 

作成者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆
現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪
★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です