~勉強記事№95 surgery・operationの違い~

こんばんは。アラサー女子umecoです。

今日は、第96回目の勉強記事でsurgery・operationの違いについてです!

どちらも手術という意味で使われる言葉ですが、
surgeryは患者さんの体の一部を切るオペのことを言い、operationは内視鏡などをも含みます。

またsurgery→不可算名詞operation→可算名詞という違いもあります。

例文をみてみましょう!


She’s had several operations.
彼女はいくつかの手術を受けた。

She’s had a lot of surgery.
彼女は多くの手術を受けた。

I was scheduled for a surgery yesterday but the doctor was sick so we had to postpone it.
昨日手術を受ける予定だったけど、外科医が病気だったため、延期となった。

What kind of operation are you going to perform?
どんなオペをされますか?

She read the warning in the doctor’s surgery.
彼女は医師の診療室の注意書きを読んだ。

In my judgment, the patient requires surgery.
私の判断では、その患者は手術が必要だ。

なんとなく違いはつかめましたでしょうか?

To be continued…

 

 

投稿者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です