~勉強記事№99 断るを英語で表現~

こんばんは。アラサー女子uemcoです。


語学ランキング

今日は英語での断り方について紹介します!

日本語でも断ることが苦手な人は多いですが、円滑なコミュニケーションを行う上で断ることは非常に大事な行動です。

では実際にネイティブスピーカーはどのような表現で断っているのでしょうか?

実は様々な断りを表す言い方があるんです↓

やんわりと断るときの決まり文句

I’m sorry, but I am not free this evening.
残念ですが、今晩は暇がないので

I’m afraid I am busy for the rest of this week.
残念ですが今週残りの日は忙しいのです

I wish I could, but I really do not have enough time.
やりたいのは山々ですが、本当に時間がないのです

I’d love to go, but I have something to do after the class.
行きたいけれど、授業が終わったら用事があって

Unfortunately, I have other plans on that day.
残念ですが、その日は他の用事があるのです

Let me think it over
じっくり考えさせてください

断わった後に続く理由

I’m sorry, but I am busy studying in this month.
申し訳ないのだけれど、今月は勉強で忙しいんだ

I wish I could, but I already have lots of thing on my plate.
そうしたいのは山々だけれど、すでに予定が一杯なんだ

Unfortunately, I do not have time right now.
残念ながら、今ちょうど時間がないんだ

I don’t think I can. I have something else that day.
できないと思うな。その日は他の用事があるから

Unfortunately, I’m in the middle of something.
運悪く、今ちょうど手が離せないんだ

敢えてキッパリはっきり拒否を告げる

I absolutely refuse
絶対にお断りです

NO means NO
ダメなものはダメ

No, I won’t
できません

To be continued…

 

投稿者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です