こんばんは。アラサー女子umecoです。

本日は初IELTSテストの結果をシェアしたいと思います!

みなさんIELTSという英語のテストをご存じですか?



正式名称は、International English Language Testing Systemといい世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力評価試験です。

留学・海外移住を実現させるため、年間約300万人の受験者がIELTSを受験しています。

留学、海外での就職、移住などの際に英語力を証明するための試験として、IELTSは世界各国10,000以上の機関に採用されています。

また、移住ビザを申請するにあたり英語力を証明する必要がある国で採用されている試験です。

試験構成は以下の通りです↓

①リスニング
時間:30分(リスニング)+10分(回答をマークシートに記入する時間)
設問:40問

IELTSのリスニングは、4つのセクション から構成 されています。

Section 1: 日常的な会話(登場人物 2~3人)
Section 2: 日常生活を扱った説明(登場人物 1人)
Section 3: 学術的な会話(登場人物 2~3人)
Section 4: 学術的な講義(登場人物1人)

②リーディング
時間:60分
設問:40問

③ライティング
時間:60分
Task1 (150語), Task2 (250語)

Task1:グラフや図表などを分析し説明する。
Task2:与えられた主張や議論について自分の意見を述べます。論理的に意見を展開していく必要があります。

④スピーキング
時間: 11~14分
試験官と1対1で面接方式。

セクション1:自己紹介
セクション2:自分の体験や考えを伝える
セクション3:セクション2で答えた内容についてディスカッションを行なう

日本に帰国して1か月半後ぐらいに記念すべき第1回目のIELTSを受験しました。

結果はこちら↓

得点は1.0~9.0の中で0.5刻みで採点されます。
オーバーオールバンドスコアは4つのモジュールの平均点で決まりますが、平均点が5.875など0.5刻みのスコアにならなかった場合は、その数字に一番近いバンドのスコアになります。さらに0.5きざみの中間、5.25や5.75だった場合は切り上げられます。

例えば平均が5.125 の場合 
→ OverAll BanD5 ( 切り下げになります)

参考までに日本で主な英語テストの得点表を載せます↑
(あくまで目安です)

この時点でTOEICが630点なので大体マッチしていますね。

初受験の感想↓

・めちゃめちゃ難しい!

・リスニングはTOEICと全く形式が違う(全然出来ませんでした。泣)

・リーディングは全部読んでると時間が足りない

・ライティングはまず日本語で文章を起承転結にまとめるなどの対策が必要

結果、スピーキングが一番マシでした。

次回は目指せ!
Overall5.5!

To be continued…

 

 

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です