こんばんは。アラサー女子umecoです。

今日のテーマは間違えた!の英語表現についてです。

 

英語でこの表現は結構難しいですよね!

状況に応じて若干表現が変わる気もしますが、
一般的な「間違えた!」は英語で、

I made a mistake!

です。
Mistakeの直前に形容詞を置くと、どんな間違いをしたのかより伝わります。

 

例えば、
I made a big mistake.
大間違いした。
I made the same mistake again.
また同じ間違いをした。

 

また”I messed up!” という表現も出来ます。この表現はアメリカでよく使われるそうですがカジュアルな言い方なので、上司とか、目上の人に対して、使わない方がよいです。

“That’s not what I meant”「言いたかったのはそれじゃない」という感じの表現方法もあります。その後に”I meant ~”は「~と言いたかった」と付け足しても良いですね。

※ちなみに”間違えた~をした”と言いた場合は以下のように表現できます↓

I accidentally ~
~by mistake
I made a mistake and〜

ex) 
I accidentally left the key in my car.
うっかりキーを車に置いてきてしまった。

I pushed the button by mistake.
間違えてボタンを押した。

I made a mistake and went to school early.
間違えて早く学校に来ちゃった。

 

私のような英語初心者の参考になれば幸いです♪

To be continued…

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です