こんばんは。アラサー女子umecoです。

今回は、英語での時間の表現についてです!

quarter, half, past, to を使った時間の表現を聞いたことがありませんか!?

私は覚えては忘れの繰り返しで未だに聞いてすぐに理解が出来ません・・・。
未だに少し考えてやっと理解できるレベルです。

 

「~時30分」までは、「~過ぎ」を意味する past を使います。

1時5分    five past one
1時8分  eight past one
1時20分 
 twenty past one

30分を区切りにして、それ以降は to を使います。この to は、日本語にすると「~前」という意味になり、「to + 次の時刻」で表現します

1時35分  twenty-five to two
1時40分  twenty to two
1時55分  five to two


「30分」は half を使います。そして、各時刻の30分までは past を使うので、「~時30分」は、以下のように言います。

1時30分 half past one
2時30分 half past two


「~時15分」と「~時45分」は、quarter を使います。Quarter は「4分の1」という意味で、15分は、60分の4分の1ですね

1時15分 quarter past one
2時15分 quarter past two


「~時45分」も、quarter を使います。

1時45分 quarter to two
2時45分 quarter to three

ニュース番組やラジオで時刻を言うときは、past や to を使うことがほとんどみたいです。
分かりやすい画像を見つけたのでシェアします↓


To be continued…

高速・多機能・高セキュリティ 美しいホームページを作るなら Z.com

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です