カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事⑦レストランで使えるPhrases~

こんばんは。アラサー女子umecoです。


今日は久しぶりの勉強記事です!
レストランで使えるフレーズについてシェアします。


ちなみに過去にシェアハウスで使えるphrases記事も載せています→ここクリック

ケアンズのレストランは日本に比べるととてもフレンドリーで並ぶことはほとんどないのも魅力の1つです。

一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

Are you open?(Do you open?) 
営業していますか?
開いてますか?

We  are 〇〇.
(〇人です)

May  I  have〇〇?(Can I get 〇〇?) 
〇〇を下さい。〇〇をもらえますか?

I’d lile to have what’s she ‘s(he’s)  having.
彼女(彼)が食べているものをお願いします。


→これメチャメチャ使っていました!隣の人が食べているものを注文したいけどメニューが分からないときに!笑
メニューを見ても料理となかなか結びつかないんですよね~。

My order has not come yet.
注文したものがまだ来ません。

Check,Please.
お会計お願いします。

Do you accept(take) credit cards?
クレジットカードは使えますか?

Keep the change.It is all set.
お釣りはいりません。取っておいて下さい。

よく使うフレーズはこの辺でしょうか?
ただフレーズで覚えてしまうと応用が効かなくなってしまうので丸暗記はあまりオススメしません。

To be continued… 

 

 

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事⑥シェアハウス探しで使えるwords&Phrases~

こんにちは。アラサー女子umecoです。
日本は寒くなってきました!!


今日は勉強記事です!
シェアハウス探しで使える単語をいくつかご紹介したいと思います☆


・available(形) 利用可能な
・inquire(名)問い合わせ
・own room 一人部屋
・master room バスルームつきの部屋
・limited wi-fi 無制限wi-fi
・bond(名) 敷金
・rent(名) 家賃
・fridge(名) 冷蔵庫
・washing machine(名) 洗濯機
・deposit(名) デポジット

募集要項にはこんな感じで載っています↓

Single room available in downstairs apartment
(1階のシングルルームが空いています)

We have a master room available in our apartment from 10th December
(12月10日からマスタールームの利用が可能です)

I’m looking for share mates
(シェアメイトを探しています)

Please do not hesitate to contact me.
(遠慮なく連絡下さい)

I can pick you up for inspection .
(見学の際は迎えに行きます)

これからシェアハウス探す方の参考になれば幸いです。

To be continued… 

 

カテゴリー
English

保護中: ~TOEIC~

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事№5 イディオムってなに?~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
今日はなんと昨日との温度差が10度!急に涼しくなりました。

さぁ、英単語を一通り学んだ(といってもこの時点では500語ぐらい?)後は”イディオム”(熟語・慣用語句)というまたまた初めて聞く言葉に出会いました。

イディオムってなに・・・?


2つ以上の語が結びついて特殊な意味を持つ言葉です。
習慣的に使われる慣用語のため、単語の意味から推測しても、全体の意味が分からない表現です。
つまり知ってるか知らないかで命運を左右されるわけですね。

私がまず最初に覚えたイディオムをいくつか紹介させていただきますね!

「Get it」
相手に確認するとき「You got it?(わかった?)」と言います。
これめちゃめちゃよく使います!今、思い返すとよく耳にしていましたが昔は聞き流していました。笑

「Feel free」
「気持ちを自由に」→「お気軽にどうぞ」となります。これは分かりやすいですね。

「make sure」=confirm
「~を確かめる」これもよく聞きますね。そして実は色々なとこに書かれています(電車の注意書きとか)。

「Go with」=suit
「~に似合う」という意味です。

「hit on」
「~をふと思いつく」という意味ですが、この辺になると関連性が薄くて全く分からないですね。


=動詞というイディオムが結構あるんですよね。それなら動詞1語で良いじゃん!って思いますけどね。・・・未だにそう思っています。
今後も自分の勉強にもなるので新たに覚えた単語やイディオムなども紹介していきたいと思います。

To be continued… 

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事④英単語の覚え方(形容詞)~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
いよいよ10月に入り、日本も増税になりました(ついに10%に!)
”増税前の爆買い”が流行っていましたが私は結局なにも買いませんでした。



前回の続きで今日は形容詞の覚え方について紹介させていただきます。

<形容詞によくある語尾>

  • -able/-ible: possible(可能な), accessible(アクセス可能な)
  • -al: financial(財務の)
  • -ant: brilliant(素晴らしい)
  • -ent: independent(独立した)
  • -ar: similar(似た)
  • -ed: limited(限定的な)
  • -ful: successful(成功した)
  • -ic/-ical: basic(基本的な), economical(経済的な)
  • -ive: massive(巨大な), abrasive(不愉快な)
  • -less: useless(使えない), helpless(希望のない)
  • -ory: contributory(一因となる)
  • -ous: enormous(巨大な)
  • -y: busy(忙しい)

私は形容詞と名詞を覚えるのが苦手で苦戦しています・・・。
たまに動詞と名詞が同じ単語だったり、形容詞と副詞が同じたっだりもするのでややこしいですよね。
最近、勉強していて面白いと思った英単語は”sink”です。
(他)沈める (自)沈む (形)みすぼらしい (名)シンク
今までは名詞でしか使っていませんでしたがこんなに意味があるんですね。しかも、それぞれの意味が結構違う。
はぁ~日々、勉強ですね・・・。頑張ります。

To be continued… 

 

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事③英単語の覚え方(動詞・副詞)~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。


前回の続きで今日は動詞と副詞の覚え方について紹介させていただきます。

<動詞によくある語尾>

  • -en: broaden (広げる)
  • -fy: notify (知らせる)
  • -ize: prioritize (優先する)
  • en(語頭): enpower (力を与える)

    <副詞によくある語尾>

  • coherently(密着して)
  • extremely(極端に)
  • practically(事実上)
  • precisely(正確な) 

ほとんどの副詞は、副詞の語尾に-lyをつけるだけなんです!(全てではありません)
これを知っておくだけで、
たとえ長文の中に分からない単語があっても品詞の区別はできそうですよね!!
次回は”形容詞によくある語尾”を紹介したいと思います★
近々、更新予定なので気になる方checkして下さいね~!See you soon

 

To be continued… 

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事②英単語の覚え方 (名詞)~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
あっという間に、9月も下旬になりました。

前回の続きから書かせていただきます。
とにかく語彙数が少なかった私はまず単語の習得から開始しました。
中、高校と義務教育を受けていたのにもかかわらずこの時点で私が習得していた英単語はおそらく30語程度・・・。


前々回の記事でお伝えした通り、動詞には他動詞・自動詞も2種類に分かれていることをはじめて知りました。
単語を覚える上で品詞もセットで覚えた方が良いことに気がつきました!


例えば、
他動詞のdestroy(~を壊す)は名詞だとdestruction(破壊)、形容詞だとdestructive(破壊的な、有害で)。

他動詞/自動詞→endure(我慢する/持ちこたえる)、名詞→endurance(忍耐)、形容詞→endurable(耐えられる)。

のようにセットで覚えた方が良いと思いました!
当時の私の単語帳は品詞ごとに分けて記載せず、でそもそも品詞自体も書いていませんでした。

こんな感じです↓笑

・deprived 値して
・swelling 膨張
・drain 水を抜く
・profund 多大な
・aspect 見方
・pedestrian 歩行者
・swifty 急速に

形容詞だと思ったら次は、名詞でその次は動詞・・・。
ごちゃ混ぜ・・・笑
ということでまずは単語帳の作り直しから開始しました!!!
そこで、多くの名詞は文中での位置だけでなく、語尾によって見分けることも可能であることに気が付きました。
今回は名詞によくある語尾を紹介します☆
今後は動詞、副詞、形容詞の記事をアップ予定です。

<名詞によくある語尾>

 

  • -tion: information(情報)
  • -sion: decision (意思決定)
  • -ity: identity (アイデンティティ)
  • -ty: beauty (美しさ)
  • -th: health (健康)
  • -ment: supplement (サプリメント)
  • -ness: kindness (やさしさ)
  • -ance: acceptance (受領)
  • -ence: entrance (入り口)
  • -cy: policy (ポリシー)
  • -er: employer (雇用主)
  • -or: ancestor (祖先)
  • -ee: employee (被雇用者)


こうやって記事を書いていると自分の復習にも良いですね!
頑張って勉強するぞー!

Let’s study English!

 

To be continued… 



『ブライダルエステ』結婚を迎える花嫁さんへ エルセーヌ

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~勉強記事№1 発音記号って!?~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
9月も中旬になり日本はだんだん涼しくなってきました。

前回の記事でお伝えした通り、
”英語の学習スペース”に通い始めました!


そこで、今まで自分で英語の勉強していたつもりであったことを再度認識しました・・・。


今回のテーマは”発音記号”についてです。

読めない英単語が本当にたっくさんありました!
もちろん今でもあります。
当時の私は辞書などの音声を聞いてなんとなく覚えるしかないと思っていました。
、、、でも
覚えられないんですよね。
何回聞いても忘れてしまうんです。

例)
modify(mɑ́dəfài)
モディフィー

deny(dinái) →デニー(人の名前?デニーさん?笑)

persuade(pɚswéɪd) →パスワード(なんかちょっと違うような・・・笑)

こんな感じでよくNew word作っていました。笑
これで自信も持って発音していたと思うと笑えますね。
恥ずかしい。

そこで英語の先生が発音記号という大変便利なものを教えてくれました。

発音記号?聞いたことあるようなないような・・・。
発音記号と言われてもピンと来ませんでしたが、

ようやく分かりました!!!!

英語の辞書に載っているよく分からない暗号のマークのこと!
今までは気にしたこともなかったけど、
大切なんですね。
特に私のように全く英語に馴染みがなくて英単語を読めないような人に。

これです↓

発音記号をしっかり確認することにより私の発音は多少マシになりました。
私のように単語の読み方が全く分からない方には単語を調べるときぜひ一緒に発音記号もcheckすることをオススメします!

To be continued… 

 

カテゴリー
Cairns English ワーホリ生活

~英語の勉強を始めたきっかけ~

みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。

2018~2019年にかけてオーストラリアのケアンズに約11ヶ月間ワーキングホリデーで滞在していました。

ワーキングホリデーの感想は別の記事でもお伝えしますが、100%ではありませんが有意義な時間を過ごせたと思います。

今回の記事は、なぜワーキングホリデーに行くことを決意したかではなくてそもそもそれ以前に“なぜ英語の勉強に興味を持ち始めたのか”について書きたいと思います。

アラサーの私がワーキングホリデーへ行くことは本当に勇気が必要でした。

小学生のころは英語が好きで実は英会話スクールにも通っていました。小学5年生で英検4級にも合格していたため自分は英語が好きで得意なのかもしれないという大きな勘違いをしていました。しかし、中学生になってから英語が授業に加わり全くついていけず、私の自信はすぐに喪失しました。気がつくと嫌いな科目の1つになっていました。

それから大人になるまで真面目に英語は勉強していません。高校ではもちろん英語の授業はありましたがただ出席しているだけで英語を真剣に学びたいと思ったことは一度もありません。

大人になっても英語を学ぶ機会はなくもちろん外国の友人も1人もいませんでした。

そんな私がなぜ大人になってから英語の勉強を始めたのかというと、

ズバリきっかけは友人と行ったバリ島旅行です!!!

私たち、空港にいたにもかかわらず帰りの飛行機に乗り遅れてしまったんです。

自分達が乗る予定であった飛行機を出発ゲートから見送ったときは、まるで映画のワンシーンのようでした。顔が青ざめ、数分してからパニック状態に陥りました。笑

どうしよう、どうやって帰ろう!?

明後日の仕事どうしよう、、、。すでに5連休しているからこれ以上は休めない。それにもう1日休んだらズル休みを疑われてしまう。笑

などいろいろなことが頭の中をよぎっていました。

とりあえずシンガポール経由の日本行きだったので、シンガポール空港のカウンターへ。

、、、全くなんて言っているか分からない。向こうも私たちの英語力の低さに呆れている。やばい。どうしよう。

翻訳機を使ってなんとかやりとりしたら明日(月曜日)の便に空席があれば振替が可能とのこと。ただし電話予約のみ。しかも運が悪くこの日は日曜日でシンガポール航空のカスタマーサービスは休みとのこと。月曜日の朝一で電話をかけて空席があればその日に帰れるって。月曜日を予備日で休みにしていたので火曜日から出勤予定でした。なので月曜日中に帰れれば問題はない!

しかし、月曜日に空席がなくて帰れなかったらもうアウト。そもそもその振替のやりとりを英語で出来ない。笑

悩んだ結果、乗り遅れたその日の日本行きの深夜便をネットで予約しなおしました。余計なお金がかかりましたが、私たちは必ず月曜日に到着出来る便を選びました。

当日でもたまたま空席があったのでラッキーといえばラッキーでした。

日本に帰ってから、改めて自分の英語力の低さにショックを受けたのと同時にバリ島の人はみんな英語を話せていたことに感激しました。もう少し英語を話せていればもっとコミュニケーションが取れたのにと思う場面が沢山ありました。

このときに初めて英語を真剣に学ぼう!と思いました。

当時の私の英語力↓こんな感じです。笑

 

バリ島のプールバーで。

スタッフ「Your hair looks great! 髪型いいね(当時は前髪ぱっつんのおかっぱ)」

私「I near kokeshi(こけしの髪型に似ていると言いたかった。笑)」

スタッフ「where!?」

私「what?」

 

バリ島のマッサージ屋で。

スタッフ「How can I help you?」

私「promise.8o’clock.2people(20時に2名で予約したいですと言いたかった。)」

スタッフ「…? promise?笑」

ちなみにマッサージ中は日焼けしている部分が痛いということを伝えられず痛みに耐えていました。笑

こんなんじゃだめだ!!恥ずかしい!!

なんとか月曜日の朝に無事に東京に到着した私は

速攻で近所の本屋さんに立ち寄り、

“中高の英語が10日間で分かる本”

という本を購入しました。さぁ勉強しよう!!

To be continued…