みなさん、こんにちは。アラサー女子umecoです。
あっという間に、9月も下旬になりました。

前回の続きから書かせていただきます。
とにかく語彙数が少なかった私はまず単語の習得から開始しました!!
中、高校と義務教育を受けていたのにもかかわらず、この時点で私が習得していた英単語はおそらく30語程度・・・。


前々回の記事でお伝えした通り、
動詞には他動詞・自動詞2種類に分かれていることをはじめて知りました。
また、単語を覚える上で(どうせ覚えるのなら)
品詞(名詞・副詞・形容詞)も全部セットで覚えた方が良いことに気がつきました。


例えば、

他動詞のdestroy(~を壊す)ですが
名詞だとdestruction(破壊)
形容詞だとdestructive(破壊的な、有害で)の意味になります。

他動詞/自動詞→endure(我慢する/持ちこたえる)は、
名詞→endurance(忍耐)
形容詞→endurable(耐えられる)の意味があります。

上記のようにセットで覚えた方が効率が良いと感じました。
当時の私の単語帳は品詞ごとに分けて記載せず、そもそも品詞自体も書いていませんでした。

こんな感じです↓笑

deprived 値して
swelling 膨張
drain 水を抜く
profund 多大な
aspect 見方
pedestrian 歩行者
swifty 急速に

うん。ばらばら。笑

形容詞だと思ったら次は、名詞でその次は動詞・・・。
実に見づらい・・・笑

ということでまずは単語帳の作り直しから開始しました。
そこで、多くの名詞は文中での位置だけでなく、語尾によって見分けることが出来ることに気が付きました。
今回は名詞によくある語尾を紹介します☆
今後は動詞、副詞、形容詞の記事をアップ予定です。

 

<本題の名詞によくある語尾の紹介>

 

-tion: information(情報)

-sion: decision (意思決定)

-ity: identity (アイデンティティ)

-ty: beauty (美しさ)

-th: health (健康)

-ment: supplement (サプリメント)

-ness: kindness (やさしさ)

-ance: acceptance (受領)

-ence: entrance (入り口)

-cy: policy (ポリシー)

-er: employer (雇用主)

-or: ancestor (祖先)

-ee: employee (被雇用者)


こうやって記事を書いていると自分の復習にもなりますね。
頑張って勉強するぞー!

Let’s study English!

 

To be continued… 



『ブライダルエステ』結婚を迎える花嫁さんへ エルセーヌ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です