こんばんは。アラサー女子uemcoです。


語学ランキング

今回は、第24回目の勉強記事でmuggy・humid・dumpの違いについてです!

どれも湿っている状態を表す言葉ですがどう違うのでしょう?

muggy(形容詞)


→「湿気のある」蒸すうえに暑い
Hot and muggy weather is apt to occur in July.
 (暑くてうっとおしい天気は7月によく起こる)



humid(形容詞)


→「湿気のある」空気に湿気があり不快
ex) 
The Japanese summer is hot and humid.
(日本の夏は蒸し暑い。) 



damp(形容詞・名詞・他動詞)


→「湿気のある」不快感のある湿気さ
ex) 
It’s hot and damp today.
( 今日は暑くてじめじめしている) 

It was very damp because of the rain.
(雨のせいでとてもジメジメしていました。)

このdampという単語は、形容詞だけでなく、名詞や動詞としても使われます。

湿気はわずかで、不快感を与えるニュアンスになります。

暑さは関係ないので、cold and damp「冷たくて湿っている」などの表現も出来ます。


Let’s study English little by little everyday!
継続は力なり!Continuity is the father of success!

To be continued…

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です