~勉強記事㊼condemn・blameの違い~

こんばんは。
アラサー女子uemcoです。


語学ランキング
↑ブログランキング参加中です★

第47回目の勉強記事はcondemn・blameの違いについてです!

condemn も blame も「非難する、責める、とがめる」という意味を持ちますが、condemn の方が blame よりも意味が強いと言われていますがどのような意味なのでしょう?
さっそく、それぞれの例文を見てみましょう!

condemn


She condemned the attack of defenseless citizens.
無防備の市民への攻撃を彼女は非難した

The judge condemned the criminal to remain in prison for life.
裁判官は犯人に終身刑を宣告した

The member of the Diet condemned the politician’s underhand contributions.
その国会議員は、その政治家の闇献金を断罪した

The swindler was condemned to a five-year prison term.
その詐欺師は5年の懲役に処せられた

blame


She blames the divorce on him. 
離婚の原因を彼のせいにしている

I am to blame for it.
非は私にある

I was blamed for the murder.

殺人のぬれ衣を着せられた

He blamed himself for his lack of foresight.
見通しが甘かったと自分を責めた

例文をみてお分かりの通り、condemnに比べてblameの方が「非難する」の意は弱い感じがしますね。
condemnは道徳に反する事柄を公の場で厳しく非難することを表す語です。
ちなみにcriticizeという単語もありますが、人や行為に対する批判を表現することをいいます。
accuse道徳的に間違った行為、不親切な行為を非難するこ意味で使われます。違法な行為を理由に「告訴する」意味で用いられることも多いそうです

同じ「非難する」でもいろいろな英語の言い方があるので覚えておきましょう!

To be continued…

投稿者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です