~引っ越し その2~

こんにちは。
アラサー女子umecoです。


前回の記事で新たなシェアハウスがいかに最悪であったか述べていますがまだ続きがあるんです!笑

まず、基本的なルールは以下の通りです↓
(募集要項にも記載されていました)


・レント:$130
・ボンド:$260
・退去の場合は2週間前にその旨を伝える
・最低でも1か月は住む

以下、オーナーとのやりとり↓(メール)

私「シャワーを10分以内、洗濯も週1回に収まるように努力したけどやはり難しかった。女性と男性では違うと思う。だから家を出たい」

オーナー「今まで住んでいた人もみんなこのルールで出来ていた。自分の元嫁もシャワーは10分もかかっていなかった。オーストラリアではこれが普通だ。洗濯も同じでオーストラリアは水道代が高い」

私「分かった。なら、私にはそのルールを守るのが難しいので引っ越す」

オーナー「とりあえず〇月〇日に話し合おう」





悩んだ結果・・・。
友人や職場のオーストラリア人にも相談しました。
オーナーは根本的にお金に対してこだわりが強く一言で言えばケチ。
シャアハウスのオーナーなのにきちんと家の管理もせずただ家賃収入が欲しいだけ。
→話し合ったところで何も解決がしない=話し合う必要はない。とにかく家を出た方が良い。
ということで再度、オーナに連絡しました。





私「考えた結果2週間後に出ていくので話し合いの必要はない。その間、シャワーも洗濯機も使わないようにする。事前支払ってあるボンド($260)を今後の2週間分の家賃にあてて下さい」

(本当は一刻も早く引っ越したかったのですが、退去は2週間前に伝えるルールがあったのとすでにボンド($260=2週間分の家賃)を預けていたためあと2週間は我慢して住むことにしました)

しばらく音信不通でその日の深夜・・・。

オーナー「分かった。すぐに出ていけ」

当然、私は寝ていました。

そして次の日の朝(7時間後ぐらい)・・・。

オーナー「早く出ていけ。仕事が終わって家に帰るまでに出て行っていなかったら不法侵入で警察呼ぶぞ。立派な不法侵入だ。今すぐ出ていけ」
・・・相当、発狂している。


不法侵入!?

→家賃ちゃんと払っている。しかも2週間先の分まで。



たった7時間でどこにどうやって引っ越せば良いの!?



色々な疑問と怒りもありましたが、

もうとにかくここに居たくない!
そして、怖い。殺されるのでは?
と、思いました・・・。

慌ててその日中に引っ越せる家を必死で探しました。泣

そして、なんとか新たな家が見つかった!!!!
急いで身支度!!!!

本当に最悪なシェアハウスでした。


シェアハウス恐怖症になってもおかしくない程の体験をしたと思っています。まさかワーホリ中にこんな思いをするなんて。

もう一度言います!
ケアンズのParramatta ParkにあるPembroke Streetの外に階段のある一軒家です!
みなさん本当に気を付けて下さい!

その後は、ケアンズの日本領事館にこの一通りの出来事を相談しにいきました。
続きは次回。

To be continued…

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■     英会話を教師の質で選ぶなら QQ Englishオンライン ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

投稿者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です