~勉強記事№41 numb・paralysisの違い~

こんにちは。
アラサー女子umecoです。

第41回目の勉強記事は、numb・paralysis違いについてです。

まずはnumbから紹介します。

形容詞

  1. 〔身体の一部が寒さ・低温・麻酔薬などで〕感覚のない、無感覚な、何も感じない、まひした、しびれた

  2. 〔寒さで手が〕かじかんだ

    My hands are numb with cold. 
    (私の両手は寒さでかじかんでいる)

    My fingers are going  numb.
    (指の感覚がなくなってきた)

  3. 〔精神的ショック・恐怖などで〕思考回路がまひして、何も考えられなくなって、頭が真っ白になって、ぼうぜんとして

  4. 頭の鈍い、ばかな

他動詞

  1. ~の感覚を失わせる、~をしびれさせる、~をまひさせる

〔恐怖・精神的ショックなどを与えて〕(人)をぼうぜんとさせる

続いてparalysisです。

名詞

まひ(症)、まひ状態、停滞、無気力

My eyes and mouth are a little deformed because of facial paralysis.
(私の目と口は顔面麻痺のため少し歪んでいます)

※ちなみにsleep paralysis金縛りです。

このように両者の意味の違いは日本語と同じですね。
後者は病気によって生じる麻痺です。

Live each day to the fullest!

To be continued…

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

投稿者: umeco

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です