こんばんは。アラサー女子umecoです。

今回は、made of と made fromの違い についてシェアします!

ワーホリ中にブーツショップで働いていましたが、
お客さんに素材を聞かれたときmade ofなのかmade fromで答えるべきなのかいつも悩んでいました💦

 

「Made of」は、出来上がったものが元の原料と変わっていない場合に使用されます。

見てすぐに材料や材質がわかるもの

The table is made of wood.
そのテーブルは、木で出来ている。

The bag is made of leather.
カバンは革で作られている。

My house is made of bricks and stones.
私の家はレンガと石でできています。

What is your car made of?
あなたの車は何製ですか?

made of made from

「Made from」は、出来上がったものが元の原料と変わっている(加工により)場合に使用されます。

見てもすぐにはわからないもの

Soaps are made from petroleum.
石鹸は、石油から作られている。

Wine is made from grapes.
ワインはぶどうから作られている。

Tofu is made from soybeans.
豆腐は大豆から作られています。

Do you know that wine corks are made from a bark of a tree?
ワインコルクが木の樹皮から作られている事を知っていますか?

私達日本人にとって違いがややこしい表現ですが調べてみると理解出来ました!
良い休日をお過ごしください。

To be continued…

オーストラリアのケアンズにワーキングホリデーで滞在していた20後半女子です☆ 現地からCAFE好きの皆さんのために"ケアンズのCAFE情報"を中心に日々更新していましたが、ワーキングホリデーの終了に伴い”ワーホリ滞在記”に変更して英語の勉強を始めたきっかけからワーホリ開始~終了までをシェアしています☆英語の勉強記事も投稿しています!これからワーホリや留学に行かれる方の参考にしていただけたら幸いです♪ ★お気軽にメッセージ下さい★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です